比べていけばわかる定期預金の差

レイアウト用ダミー

比べていけばわかる定期預金の差

最近ではどのような分野でも比較が行われます。それもそのはずで、 インターネットの誕生以来そのようなことが容易に行えるようになっています。 だからこそ、活用しなければ損ということで、何かを購入する時には、そのような比較ができるページを参考にします。 ところで、何かの商品を購入する時に、その決め手となるのは「どこが一番安く販売しているか」ということかもしれません。 そのような観点でみると、金融商品を選ぶ際にも同じようなことが言えるのかもしれません。

たとえば、定期預金をしようと思っているならば、何を基準にして定期預金比較するのでしょうか。 ほとんどの場合は金利でしょう。より高い金利を提示してくれるところに預けたいと思うのは当然かもしれません。 しかしある方たちは、銀行には協定のようなものがあって、どこに預けてもそれほど大差はないと思われるかもしれません。 しかしながら、調べてみればわかることですが、実はそうではないのです。 一言で銀行と言っても、メガバンクから信託銀行、ゆうちょ銀行、新しく参入している銀行、 そしてインターネット銀行などがあり、それらの定期預金比較をすると金利には大きな違いがあるのです。

もちろん、自分が預けることのできる銀行をすべてリストにして、一つ一つ調べて行ってもよいでしょう。 しかしながら、そのような作業には相当の時間がかかります。 それよりも、系統別にその特徴をよく知って、その中でどこに預け入れをすればいいかを決めればいいことになります。 金利で比べるならば、系統としては圧倒的にインターネット銀行に軍配が上がります。 その開きも顕著で、大手銀行と比べた場合、その差は10倍くらいになることもあります。 そして、同じインターネット銀行の中でもサービスの展開には開きがあります。

たとえば、その最たる例としましては、東京スター銀行が販売している、1週間定期預金でしょう。 1週間でも定期になるという発想にも驚かされますが、それと共に金利が優遇されているのですごいサービスと言えます。 そのように金利が高いというメリット共に、インターネット銀行のもう一つの魅力は手数料が安いということです。 銀行によっては時間外でも取引の手数料が無料に設定されている場合もあります。 ですから、それぞれ系統別に定期預金比較して、さらに同じ系統の中から比較していけば簡単に選べるかもしれません。

レイアウト用ダミー